南部町 うぐいすマラソン・福地温泉 バーデパーク アヴァンセふくち(バーデハウスふくち)・南部町農林漁業体験実習館チェリウス

今年初めてのマラソン大会は、南部町のうぐいすマラソンです。私は、走りませんが長男夫婦と3歳5歳の孫ちゃんが走ります。3歳の孫ちゃんは、マラソンデビューの大会となります。受付終わってから走るまで2時間も間があくのでどうやって時間をつぶすか思案中です。うぐいすマラソンが終わったあと楽しめる場所を紹介したいと思います。

第35回 うぐいすマラソン大会

2019年4月21日(日)開催

申込期間:2019年2月7日(木) ~
2019年3月20日(水)
開催場所:青森県南部町ふくち運動公園

公式サイト:http://www.town.aomori-nanbu.lg.jp/
3km、5km、10kmの3コース
参加料は無料で、南部町HPからWEB申し込みが可能
2019年度の申し込みは終わってしまいましたが、参加料無料のマラソンになりますので来年エントリーするのも良いかもしれません

当日の流れ

受付
8時30分 ~ 9時30分
開会式
9時40分

K3キロにうちの3歳5歳の孫ちゃんが出ます。3歳の孫ちゃんは、初めてのマラソンです。8時30分 ~ 9時30分の受付で走るのが11時40分なので、時間をつぶすのにどうしようかと思っています。

紫外線対策グッズ

長時間紫外線をあびながらマラソンをしていると活性酸素を沢山生成することになってしまい、肺がんや大腸がんの原因となるだけでなく、アトピー性皮膚炎やリウマチ、膠原病などの難病も誘発する恐れがあります。

女性の方には、花粉、粉じんプロテクション/紫外線ガード/  スキンフローラケアのお肌を守るトリプルガード!するファンデーションをおすすめします。
石けんでスルンと落ちるファンデ。【 BioMedi(ビオメディ)】

カバーもフローラケアもこれ一本で。【ビオメディ】プロテクティブファンデーション
毎日紫外線対策もしないで真っ黒に日焼けしながら運動している人がいますが、体の中では活性酸素が沢山、生成されて悲鳴をあげているかもしれません。

①UVスプレー

【潤いキープ】+【肌刺激ブロック】+【紫外線カット】 生後3ヵ月からの新生児はもちろん 赤ちゃん~お年寄りまで、 家族みんなで使えます。4か月の双子ちゃんとマラソン応援なので、こちらのスプレーが良さそう

②CCクリーム

【日やけ止めだけじゃない】1本8役 の欲ばりCCクリーム


UVも、ブルーライトも、大気の汚れも。
1本8役 の欲ばりCCクリーム
くわしくはこちら

会場の南部町ふくち運動公園近くの施設

南部町ふくち運動公園近くのコンビニ

福地温泉 バーデパーク アヴァンセふくち(バーデハウスふくち)

ファミリーにおすすめ♪温泉&プールで家族みんなが大満足!

スリル満点のウォータースライダーはお子様に大人気

若い夫婦と子供たちは、プールでおばあちゃんは、温泉、家族みんなで楽しめる施設です。

温泉を利用した厚生労働大臣認定の健康増進施設 で充分なリラクゼーション効果が期待できる健康増進施設。バーデゾーンには水着で入る8種類のお風呂があり、流水プール、ウォータースライダーも人気。

6:00~8:00(閉館)、10:00~22:00(閉館)、プールは10:00~21:00(閉館)
定休日:第3木曜、8月は第4木曜

温泉の備品

タオル バスタオル 石鹸・ボディシャンプー シャンプー・リンスインシャンプー ドライヤー

入浴料のみ

大人450円、小・中学生150円

入浴・プール

大人1030円、小人(3歳~中学生)520円 70歳以上入館料650円

バーデパークhttp://www.badepark.com/

南部町農林漁業体験実習館チェリウス

名久井岳の雄大な景色を目の前に、充実した施設とゆとりのある空間、多彩なサービスでお迎えする体験宿泊施設で、各部屋からの展望は、南部町全体を見渡せる大パノラマです。
レストランや大浴場・各種会合によるご利用のほか、初夏の「さくらんぼ狩り」のシーズンや、オリジナルスイーツ調理体験イベントや冬期間の誘客イベントの開催時期等、年間を通じて大勢の家族連れなどで賑わいを見せています。

館内では、ドライフラワー、押し花など、天然素材による各種手工芸品づくりが体験できます(要予約)

売店では、ドライフラワー、押し花などの材料も売っていますので、材料を買って自分で作ることも出来ます。私は、ドライフラワーのリースを作ったことがありましたが、こちらの施設で宿泊が出来ることはしりませんでした。

TEL 0178-76-1001
FAX 0178-76-1006

楽天トラベルからお申込み出来ます。

南部町農林漁業体験実習館チェリウス

名川チェリーセンター

さくらんぼの名産地ながわ 甘みたっぷりの味は絶品

名川方面に行ったら必ず寄るチェリーセンター、野菜や果物が豊富に揃います。

「新鮮でおいしい野菜をより安く」をモットーとしている「名川チェリーセンター101人会」の皆さんが運営しています。特産品であるさくらんぼの看板が目印。
木造ログハウス風の店内には、地元で採れた新鮮野菜や四季折々の果物、切花、漬物のほか、地元のお菓子やジュース、ジャムといった加工品など低価格で常時100種類以上販売しています。

まとめ

南部町には、何回か行ったことのあるバーデハウスがあるので、マラソンより、そっちの方が良いと言われそうです。マラソンで汗をかいたら、バーデハウスふくちに寄って温泉とプールを楽しんでみるのも良いかもしれません