タブレットfireHD8は、価格が手ごろで高い満足度を実現した非常に高コスパなツールです。このタブレットで利用できるアプリには様々な種類があり、その数も膨大です。まだ使ったことがない人はぜひ使ってみてください。以下では、タブレットfireHD8で利用できるおすすめのアプリを7つご紹介します。


タブレットfireHD8で利用できるアプリ

Evernote

このアプリはAmazonアプリストアにあるメモ書き定番アプリです。ストアを開いてホーム画面の「アプリ」をタップして、さらに「ストア」をタップします。そして、Evernoteを検索すれば、あとはダウンロードするだけです。

メモアプリはほかにもたくさんの種類がありますが、これの使い勝手の良さを考えれば、メモアプリはこれ一つで十分だと言えるかもしれません。これを使えば、テキストだけでなく、画像やファイル、音声などさまざまなデータをしっかり保存することができます。

To Doリストを使ってやるべきタスクを管理することができます。タスクリストは自分のやるべきことを把握するのに非常に便利で、文字通り毎日使っている人も多いと言われています。仕事だけでなく、プライベートでもきっと大活躍してくれるサービスです。

「今日やること」をチェックリストにして書き出しておきます。仕事中もパソコンでそのノートを確認しておけばよいでしょう。そして、ちゃんと完了したタスクにチェックを入れていくわけです。そして、タスクに関連するファイルなどがあれば、一緒に保存しておけば非常に把握が楽ですし、忘れることもありません。

それ以外にも使い方があります。飛行機や映画を予約したときにメールをEvernoteに保存しておくことも可能です。単にメールボックスに入れておくより、作業化しておいて忘れないようにできるわけです。料理が好きな人は、Webや雑誌で見つけた面白いレシピを保存することもできます。
AppStoreからダウンロード

Hulu

これは日本で最初に開始された動画視聴サービスです。Huluの基本使用料は月額で933円と大変安くなっています。しかもたったこれだけの料金で、Hulu内のおよそ50000本近くの作品が見放題になります。

Huluの強みは海外ドラマの本数の豊富さです。ただし、もちろん国内ドラマにも力を入れていると言われています。このサービスを試してみることもできます。2週間であれば無料で見られるサービスがあるので、気になる人はチェックしてみましょう。



そして、2週間以内に解約すれば、お金は一切かからないので安心です。また、操作がとても簡単なので、動画配信サービスを初めて利用するという人にとっても非常に扱いやすいサービスと言えるでしょう。さらには、HD画質でとてもきれいな映像を楽しめるのも嬉しい点です。
AppStoreからダウンロード

Amazonビデオ

月額料金なしで見たい作品だけをレンタルしたり購入したりできるサービスです。インターネットがあれば、どこでもいつでも作品を見られるわけです。レンタル料金は100円~で、映画購入料金は、2500円です。

レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間以内でレンタル期間が終了する仕組みになっています。一方、購入してしまえば、Amazon会員である限り、ずっと見ることができます。さらには、月額400円(税込み)でプライム会員になれます。

プライム会員になるメリットは、対象の映画、ドラマ、アニメ、オリジナル作品を完全見放題になります。このサービスを利用するか迷う人は、30日間無料の体験ができるので、試してみると良いでしょう。また、学生限定のお得なプランがあるのも嬉しいところです。
Get it on Google Play

MetaMoji Note

これは、紙とペンのような自由自在な手書き感覚が味わえるノートアプリケーションになっています。ほかにも、録音や図形描画、写真の切り取りなどの多彩な機能も付いていて、生活のいろいろな場面でかなり重宝します。

ピンチイン・ピンチアウトの操作をすることで、拡大・縮小ができます。そのため、かなり緻密な描写が可能なので、本格的な絵を描きたい人にも向いていると言えるでしょう。書き込んだ文字や図は拡大や縮小をしても劣化せず、美しいままの状態を保ってくれます。

また、操作も非常に簡単です。直感的な操作が可能なので、初めて利用する人でも理解するまでに多くの時間はかからないでしょう。PDFを読み込んで注釈を書き込むこともできます。PDF内で間違った箇所があるのを他人に教えたいときにきっと役に立つことでしょう。
AppStoreからダウンロード

Bamboo Paper

これは、スケッチやメモなど幅広い用途に使える手書きノートアプリになります。ペンの種類が豊富である点が嬉しい点です。ペンを変えれば、線の表情もずいぶんと変わり、書いていくのが楽しくなっていくでしょう。

単に何かをメモ書きするだけでなく、本格的な絵を描くこともできます。ページは一枚ずつではなく、ノートごとに分けることができます。そのため、整理整頓が非常に簡単です。文字や線の書き心地は非常に滑らかで、書いていてストレスを感じることはないでしょう。

ノートをタップするとページが開いて書き込めるようになります。ページを増やしたければ、実際に本を開くように画面をスワイプします。ほかには、ページに画像を追加することも容易です。ペンの種類は6種類、太さは3種類ありますから、合計18パターンの線が書けることになります。きっと様々なタイプの線を描きたい人も満足できることでしょう。
AppStoreからダウンロード

Art Flow

タブレットスケッチブックでお絵かきするためのアプリです。タッチペンを使えば、本格的なイラストも描けるようになります。描き心地は大変良くなめらかで、まるで紙にペンで書いているかのような感覚を味わうことができます。

ペンで書いているかのようなリアルな描写が可能である点が嬉しい点です。ブラシによっては「抜き」の表現もあります。これを使ってよりリアルな描写ができるわけです。文字通り、鉛筆やペンに近い感覚で書くことができます。図形を描くのも簡単です。直線や四角のように描きやすいものだけでなく、フリーハンドではなかなか描きづらい円弧も簡単に描けます。

ズームして拡大すれば細かい部分も描き足すことができます。また、スポイト機能で色抜きもできます。この機能を使えば、よりきれいな絵が描くことができるでしょう。途中で作業を中断したくなっても大丈夫です。そこまで描いた絵を保存しておけるからです。
Get it on Google Play

ATOK

Fireタブレット標準の日本語入力制度に満足できない人もいるかもしれません。そうした人は、この有料のATOKがかなりおすすめです。変換を非常に賢く行ってくれますし、入力が非常に快適に行えます。最適な言葉を推測してくれるため、入力スピードが大幅にアップすることになるでしょう。

また、言葉が思いつかないときも助けてくれます。連想変換という機能があるからです。この機能は、類語を提案してくれるため、適切な言葉を見つけることができます。入力時にかかる負担を極限まで減らすことが可能なので、文章の本質部分に意識を集中させることが可能です。

さらには、単語だけでなく複数文節の入力にもしっかり対応してくれます。タイピングが早い人でも気にせずどんどん長文を打っていって構いません。ATOKが長文にも対応して、適切な変換候補を用意してくれます。プロのライターはもちろん、ライティングをする機会が多い方にもおすすめの機能になっています。
AppStoreからダウンロードGet it on Google Play

まとめ

タブレットfireHD8で使えるおすすめのアプリをまとめてきましたが、いかがでしたか?メモツールだけでなく、動画や文字変換ツールなどさまざまな便利アプリがあることをお分かりいただけたと思います。便利なアプリを探している方はぜひ参考にしてみてください。