甘酒アルコール 酒粕から作る甘酒・米麹から作る甘酒甘くならない原因とヨーグルトメーカーで作る甘酒・美容と健康そしてダイエット効果

毎日の健康維持に甘酒(麹)をプロテインに入れて毎朝飲んでいます。(旦那)その麹なのですが、甘くておいしく出来ることもあれば、甘くない時があります。麹で作る甘酒がなぜ良いのかなぜ甘くならないのか調べてみることにしました。

甘酒種類

甘酒アルコール 酒粕から作る甘酒

酒粕と砂糖から作る甘酒です。

甘酒は2種類あるのをご存知でしょうか?私は、酒粕から作る甘酒しかしりませんでした。私の住んでいるところは、桃川というお酒を酒造している工場もあったりするので特に冬の寒い時期には、このお酒の粕を使った甘酒がとてもおいしくて毎年飲んでいます。

酒粕を水で溶き、砂糖を入れて甘くします。早く作りたいときは、酒粕が水に溶けるのを待っていられないので私は、ミキサーを使います。あとは、砂糖を入れて、弱火でコトコト温めて出来上がりです。お酒の粕といってもアルコール分が含まれていますので、アルコールが苦手な方は、注意が必要です。砂糖が入っているため、カロリーも高くなっていますので、ダイエット中の人は、ほどほどにしてくださいね

米麹から作る甘酒

お米と麹を使った甘酒です。

私は、麹を使った甘酒の存在を知りませんでした。でも、漬物や発酵食品にはよく使われて身近なところにある存在です。麹の発酵作用を利用して米から作るもので、日本酒とは違い、麹を使った甘酒は、米のでんぷんを麹菌によって糖分に変えているので、酒粕から出来ている甘酒が苦手という人も、米と麹を使った甘酒であれば安心して飲むことが出来ます。

甘酒効能

米麹甘酒は、飲む点滴、飲む美容液と言われています。

 点滴と同じ成分で疲労回復

甘酒に含まれている麹菌は、栄養の消化吸収を助ける働きがあるので、私たちが食べたものを効率よく吸収してエネルギーに変換することが出来ます。

酵素がお米を分解してできる成分の中に点滴と同じブドウ糖、ビタミンB1、B2、B6、ミネラル、アミノ酸といった成分が豊富に含まれています。ですので、疲れた時に飲むと疲労回復に良い飲み物です。

麹菌は、善玉菌のえさになってくれるので、免疫活動を活性化させ、免疫力を高める効果もあります。

熱中症予防にも効果的

厚生労働省によると、熱中症の予防に100mlあたり40~80㎎のナトリウムが含まれる飲み物が良いと言われています。

甘酒のナトリウムの量は、100mlあたり、60㎎だそうで、水分と塩分のバランスがとてもよく配合されているので甘酒は熱中症予防に適した飲み物と言えます。疲労効果回復効果もあり、夏バテぼ防止、暑さで体力が奪われる夏を元気に過ごすためにも適した飲み物です。



美容と健康そしてダイエットに

甘酒の味が苦手という方にこそ食べてもらいたい。美味しさを追求した商品。食べる甘酒はいかがですか?

米と米麹だけで造った「甘酒」に121種類の植物酵素を配合、スティックタイプのゼリー





規則正しい生活と食事を大切にする働く大人の女性に
頑張るパワーをチャージ!飲む乳酸菌と米麹

しっかり届ける、ラクリス菌とラブレ菌の2つの乳酸菌とともに、 注目素材の米麹と加えることで、美と健康をサポートします。

ラクリス菌:大麦の胞子という硬い殻から発見された有胞子乳酸菌。熱や酸に強いのが特徴。

ラブレ菌 :京都の漬物「すぐき漬け」から発見された植物性乳酸菌。生命力が強く乳酸菌の中でも最高峰の生存率。

米麹 :最近テレビなどでブームとなっている甘酒を作るための素材 また、チアシードやココナッツミルク、植物発酵エキスなど 女性に嬉しい素材が多数配合しております。

チアシード:栄養価が高く、水を含むと14倍に膨らみ、満足感が持続し食べ過ぎをガード!

ココナッツミルク:中鎖脂肪酸が余分なものをエネルギーにする手助けしてくれるスーパーフード

植物発酵エキス:野菜・果物など82種類の植物発酵エキス配合、体内の酵素の働きをサポート!

「旨し酒」「造り酒屋の甘酒」を試してみたい方におすすめ

◆造り酒屋の甘酒の売り◆ ・米と米麹だけで造った無添加甘酒 ・砂糖不使用 ・ノンアルコール ・
ノンアルコールでお子様も安心「造り酒屋の甘酒」

母の日や父の日に贈っても喜ばれそうですね

どんな時に飲めば良いの?

疲れた時に飲むの他には、朝飲めば、短時間でエネルギーチャージが出来、体に元気を補給出来ます。夜寝る前に飲めば、一日の疲れをとってくれます。疲労回復に効果的です。


 

甘酒甘くならない

一週間に1回は米麹の甘酒を作るのですが、甘く出来る時と、出来ない時があり、発酵温度を間違えたのか?発酵時間が足りなかったのか?くらいの考えで、深く追求したことがありませんでした。

私が使っているのは、TANICA 【温度調節機能で市販・カスピ海・ケフィアヨーグルト / 納豆・甘酒に対応】です。

ヨーグルト、甘酒が作れて、温度設定が出来、タイマー機能もあるのでこちらに決めました。

私の甘酒の作り方

  • 米一合を炊飯器のおかゆ機能を作って炊く

  • 40°以上になると麹菌が死んでしまいますが、麹菌が作り出した酵素(アミラーゼ)をうまく働かせる温度で作ります。60度で麹菌が死んでしまうからと思っていましたが、実は、40度で麹菌は死んでいて、麹菌が作り出した酵素たちがうまく働き、アミラーゼによってコメのでんぷんが分解され、糖分になるのです。

私がいつも使っている麹は、こちら

おかゆ1合に対して150gと書いてあるのでいつも、半分使って、残りは冷凍保存しています。説明読んだことがありませんでしたが、冷凍保存オッケーのようです。

タニカのヨーグルティアの発酵食レシピには、乾燥こうじ200gと書いてあります。私が使っているのは、生の麹なんでしょうか?全部くっついているので、ほぐすのが面倒だなと感じていました。乾燥こうじの方がパラパラしているのでこっちの方が楽かもしれません。

  • ヨーグルティアの容器におかゆ3分の2を入れたら、麹、おかゆと入れます
  • ヨーグルティアの温度を60°タイマーは、8時間に設定してスタート

私がいつも作っている甘酒の作り方なのですが、甘く出来る時と、甘く出来ない時があります。ほんとは、最初から良く作り方を読んで作れば良いのでしょうが簡単に出来ると思っているので、読むのは、温度設定と発酵時間くらいです。

甘くならない時は、温度設定間違って、麹菌が死んでしまったんじゃないか?発酵時間が足りなかったんじゃないか?原因は、どちらかだと思っていました。ところがこの二つをクリアしても、甘くならない時があったので、原因を調べてみました。

甘くならない原因

  • 発酵温度が60°以上だと麹が死んでしまう
  • 発酵時間6時間・・・発酵時間が足りないと発酵しない
  • おかゆと麹をよく混ぜる

私の甘酒が甘くならなかった原因は、おかゆと麹をよく混ぜていなかったことがわかりました。

今回は、麹をちゃんとほぐして、おかゆとよくかき混ぜました。

甘くなる甘酒作り方

  • 米一合を炊飯器のおかゆ機能を作って炊く

  • 60°以上になると麹菌が死んでしまうので、冷まします。

  • 麹をほぐします
  • ヨーグルティアの容器ではうまく混ぜられないので、炊飯器の釜の方で混ぜました。

  • おかゆ1合と麹150gでちょうど1000mlになりました。よく混ざっているのがわかると思います。
  • 設定温度は、60°で8時間でタイマーセットしました。レシピでは6時間なので、途中何回かかき混ぜて確認しようとおもったのですが、出かけることになってしまったので8時間そのままにしていきました。

  • 今回は、うまく甘く出来ました。我が家では、プロテイン入れて飲むので、このままでも良いのですが、ミキサーにかけます。ミキサーあると便利ですよ~

まとめ

私も最近ダイエットを始めて朝はプロテインに甘酒を入れて飲んでいました。でも、適当に作っていて、甘くなかったということは、発酵していなかったんですね。これからは、ちゃんと、麹をほぐしておかゆと、よくかき混ぜて作るようにしたいと思います。みんさんも、お米から作る麹で毎日の健康維持に飲んでみませんか?とても、甘くておいしいですよ。自然な甘みを楽しんでみてはいかがでしょうか?