ソニー銀行 口座開設 ソニー銀行 支店名  ソニー銀行「001」 投資信託でおすすめ出来る理由とは

投資信託は投資したお金を元にして、後は運用の専門家が株や債券などの複数の商品に投資して運用してくれます。

なので,投資するだけでお金を得ることができます。

ただ、失敗すると損失も出るため投資信託を選ぶことが重要です。

投資信託ではソニー銀行がおすすめできます。

その理由や投資信託について紹介していきます。

投資信託とは

投資信託は、前述のとおり投資したお金を元にして、運用する専門家が複数の商品に投資する金融商品であり、文字通り投資を信じて託すことになります。

運用する専門家が投資に成功すれば投資した分だけの預けたお金が増えて返ってきます。

これは銀行に預ける利子と似ています。

銀行で預けたお金も銀行が企業や個人にローンとして貸し出します。

その後に企業や個人は貸したお金と共に利息を受け取ることになります。

受け取った利息は銀行の収益となり、一部が預金者に支払われます。

投資信託と銀行の利子の仕組みは似ていますが、違うところは原本割れがあることです。

投資信託は元本が保証されていないため、運用が上手く行かなければ預けたお金が減ってしまうことになります。

そのため、投資信託でお金を預ける場合は、損失が出ることも考慮しておかなければなりません。

投資信託のメリットは

投資信託を利用する際にメリットがあります。

  1. 1つは少額でも購入することができることです。
  2. 投資信託は1万円や1000円などの少額から買うことができ、最近であれば100円から購入することもできます。

お試し気分で投資を行うことができるので、投資を行うならば始めやすいと言えます。

また、面倒な運用をプロに任せることもできるので、投資をする際に必要なテクニックや知識なども必要ではありません。

知識が無くても始めることができます。

また、投資信託の投資の対象は複数あり、分散投資されています。

分散投資であれば極端な値下がりを避けることができ、大きな損失を避けることができます。

そのため、投資で大損を受けることも少ないので、気軽に投資を始めることができます。

投資信託のデメリット

投資信託のデメリットはプロに任せても損失が出ることであり、元本を割る可能性があります。

また、投資信託を利用する際は手数料がかかってしまうので、支払う費用に関しては注意が必要になります。

ソニー銀行 口座開設

ニー銀行でも投資信託を提供していますがソニー銀行で投資信託を利用する際は口座の開設をすることが必要になります。

  1. ソニー銀行はネットから口座の開設を行うことができます。
  2. PCやスマートフォンなど、どちらでも行うことができます。
  3. 口座の開設には、ペーパーレスによる口座開設か郵送での口座開設があります。
  4. ペーパーレスならばオンラインで開設することができるので、とても便利に開設できます。

ペーパーレス口座で開設する場合は、オンラインの入力ホームで名前、住所、メールアドレス、電話番号などの個人情報を入力していきます。

また、認証方式やキャッシュカードも選びます。

以上の情報を入力し終えるとソニー銀行に送信することができます。

申し込みを受けてから約2日ほどでソニー銀行から口座開設のメールが届きます。

キャッシュカードは本人限定受取郵便で送られてきます。

受け取りの際に郵便局員に本人確認書類を提示する必要があります。

本人しか受け取ることができないので、注意が必要です。

ソニー銀行で口座の開設を行うことができれば、投資信託を始めるために「投資信託総合取り引き」で申し込みをすることができます。

ジュニアNISA口座であれば申し込み方法が異なります。

  1. 「投資信託総合取り引き」の申し込みと合わせて投資信託専用の特別口座開設をします。
  2. 口座開設にはマイナンバーの提供が必要になるので、申し込みの際にマイナンバーを準備しておく必要があります。
  3. マイナンバーを提示すれば、確認内容があるので、確認して次に進みます。

確認が終われば口座の開設の準備は終了となります。

投資信託を購入することができるようになります。

このような手順となっています。

ソニー銀行 支店名

よくある質問で自分の口座番号や支店名はどこにありますか?というのがありますが、

①口座番号は、カードの裏面
②支店名は、「本店営業部(カタカナの場合はホンテン)
③先頭の4桁・・・「0035」ソニー銀行の銀行コード
④中央の3桁・・・「001」店番号
⑤末尾の桁の数字・・・お客様の口座番号

 

 ソニー銀行「001」

ソニー銀行「001」とは、ソニー銀行の店番号のことです

ソニー銀行の投資信託おすすめ3選!

ソニー銀行で取り扱っているファンドにもいろいろありますが、おすすめなのはニッセイ外国株式インデックスファンド、ニッセイ・インデックスバランスファンド、ひふみプラスなどがあります。

ソニー銀行も投資信託には力を入れているので、この中のどれかを選ぶことができます。

1つ目のニッセイインデックスファンドシリーズは良いです。

業界最低水準のコストで人気なものに「eMAXIS Slim」があります。

しかし、ニッセイとeMAXIS Slimの投資信託は常にコスト競争をしており、両者ともに信託報酬の引き下げ競争を行なっています。

そのため、ニッセイ外国株式インデックスファンドを購入することで、eMAXIS Slimと同様に世界の株式に低コストで分散投資をすることができます。

また、ニッセイ・インデックスファンドは国内株式、国内債券、先進国株式、先進国債券の4つの資産に均等分散して投資を行います。

バランス型ファンドを1本購入するだけで、リスク分散の取れた資産運用を実現できます。

ひふみプラスというアクティブブランドも扱っています。

ひふみプラスはリターン追求型の投資信託で、インデックスファンドと比較すると手数料はやや高めになっています。

それでも、過去の実績において驚異的な利回りを継続しており、多くの投資家に支持されています。

一部の証券会社ではひふみプラスを購入手数料ありで販売していますが、ソニー銀行の場合は、購入手数料0円でひふみプラスを販売しています。

このようにしてソニー銀行では投資信託のファンドに特徴があります。

初めての投資信託で悩んだならば

初めて投資信託を行えばどれを購入するか迷ってしまうかもしれません。

最初の1本を決めることができれば後はスムーズに理解していくかもしれませんが、その1本が悩んでしまうかもしれません。

そんなときは、バランス型であるニッセイ・インデックスファンドを選ぶと良いかもしれません。

分散投資を行うことでリスクの低減をすることができますし、世界中の様々な株式や債券に投資できるので、バランスも良いです。

お金の変動率もバランスよくされており、変化していく契機に対応して価格変動の乱高下を防ぐこともできます。

初心者であれば、まずは少ない投資からバランスの良い投資信託から始めると良いです。

・投資信託で失敗しないためには

投資信託で失敗しないためには、まずは自分の余力のあるお金で投資することが大事になります。

投資でいきなりお金を投資することはリスクが大きく、分散型投資でリスクを軽減していても、お金が大きければ損失も大きくなります。

まずは、徐々に理解していくことが大事なので、大金をつぎ込むことはやめた方がいいです。

また、投資信託に使用するお金も決めておくことが大事になります。

投資信託で先にお金に上限を設けて、失敗してそのお金が無くなれば終わりと思えば、失敗を大きくしなくて済みます。

投資の際にはこれらの点を覚えておくことが大事です。

まとめ

投資信託を利用する際にソニー銀行で投資信託を利用できます。

分散型投資であり、購入の際に手数料がかからないコスト対策を行っているなどいろいろなメリットがあります。

投資信託で成功するためにも、まずは少ない金額から始めることをおすすめします。