サラダ油危険 日清オイリオサラダ油 過剰摂取が危険・毒性物質が大量に発生・どんな影響を受けるの?

先日は、体に良い・生活習慣病・健康やダイエットを考えたときにサラダ油に代わるオイルって何が良いのかな?について記事にしましたが、一般家庭で多く使われている食用油としては、サラダ油があげられます。体に良い油がある一方でサラダ油がなぜ体に悪いのか調べてみることにしました。健康に不安を持っている人は、サラダ油をやめて、体に良い油に代えてみてください。

サラダ油、名前の由来

avatar

ミッキー

なんでサラダ油っていうの?

日清オイリオが開発した食用油の商品名として名付けられたんだって
日本では食用油と言えば、揚げ物や炒め物に使うのが普通だったんだけど、西洋では、塩や酢を加えたドレッシングのように、生野菜にかけて食べていたそうなの
そこで、火を使わなくても生で食べられる食用油に「サラダ油」とつけたみたい

avatar

ミッキーmama

avatar

ミッキー

サラダ油って揚げ物や炒め物に使うことが多いけど、生で食べられる油だったんだね♪

サラダ油とは?

avatar

ミッキー

サラダ油ってどんな油なの?

サラダ油は、精製された植物油のことで、現在の日本での主流は、キャノーラ油(菜種油・紅花油・大豆油など)

avatar

ミッキーmama

サラダ油が危険と言われる原因

サラダ油の主成分は、オメガ6系のリノール酸です。揚げ物をする時に、リノール酸を200度前後まで加熱すると「ヒドロキシノネナール」という毒性物質が大量に発生します。

200度前後まで加熱しなければ良いんじゃないのと思うかもしれませんが、リノール酸が体内に入って酸化ストレス(酸化反応が亢進する状態)がかかると体内でヒドロキシノネナールが発生します。

ヒドロキシノネナールによるダメージ

  • 体内に蓄積すると細胞がダメージを受ける
  • 神経細胞やいろんな臓器の細胞を変形させる
  • 臓器の機能が低下
  • 動脈硬化の進行

植物性油脂または食用植物油

成分表示に植物性油脂、食用植物油と書かれていたら、それは、サラダ油のことです。

サラダ油が材料の食品

  • マーガリン
  • ショートニング
  • 市販のお惣菜
  • 冷凍食品
  • インスタント食品
  • ファーストフードなど安い価格で買えるほとんどものにサラダ油は使われています。

avatar

ミッキー

サラダ油が材料の食品っていっぱいあるんだね

だいぶ前からマーガリンが身体に悪いことは知っていて、我が家からマーガリンという存在がなくなってどれくらい経つのかな?2002年に乳がんという大病してから出来ることから食生活の見直しを始めたころからなので17年になります。

avatar

ミッキーmama

我が家でのマーガリンはやめたけど、大好きなお菓子、時間がないときに買うお惣菜、お弁当のおかずに活躍する冷凍食品、寒い日や仕事が休みの日のお昼に食べたくなるインスタントラーメン、Macのハンバーガーやポテトが無性に食べたくなる時があります。完全に食用油は今の生活から消えることは、ないけど、ほんの少しで良いので出来ることからやってみましょう♪

avatar

ミッキーmama

サラダ油からオリーブオイル、こめ油などに代えると体が変わってきます。血管の老化も回復します。

2018年に受けた健康診断では、要経過観察だった脂質代謝が、サラダ油をやめて、オリーブオイルとごま油を使うようになったら正常に戻りました。

HDLコレステロール≧40 私の数値は、78☞56

LDLコレステロール60~119 私の数値142☞116

中性脂肪90~149 私の数値140☞139

脂質代謝は、要経過観察でしたが、肝機能の数値もすごく悪くて、要精密検査だったのがあることをすることと、飲むことで正常になりました。
詳しく書いている記事は、こちら


肝臓機能ALT、γGTP高いときに食べ物で改善したい食品とサプリについて詳しく書いている記事は、こちら

体に良い・生活習慣病・健康やダイエットを考えたときにサラダ油に代わるオイルって何が良いのかな?については、こちらの記事で詳しく書いてます

まとめ

体に良い油がある一方でサラダ油がなぜ体に悪いのか、サラダ油の主成分は、オメガ6系のリノール酸です。揚げ物をする時に、リノール酸を200度前後まで加熱すると「ヒドロキシノネナール」という毒性物質が大量に発生して私たちの体にいろいろな悪い影響をもたらすことがわかりました。体に良い・生活習慣病・健康やダイエットを考えたときにサラダ油に代わるオイルって何が良いのかな?と疑問に思っている方におススメの記事