パスポート作り方 パスポートの写真を作成するときのおすすめアプリ4選

パスポート用の写真を、アプリを使って簡単に作成できることをご存知でしょうか?難しい操作はいらず、とても簡単に作成できるので、ぜひ使いこなしていただきたいと思います。以下では、厳しい規格に合った写真を作成するときのおすすめの4つご紹介します。



パスポート写真が撮れるアプリ

「かんたん証明写真」

このアプリは、有料です。その料金は120円になっています。これは、非常に使い勝手がよく、とても人気のものになっています。

iPhoneで簡単に規格に合ったものを作成したいときにかなり重宝するでしょう。まず、iPhoneでいくつか撮影しておきます。

それを必要なサイズに合わせて切り抜きます。適切に切り抜く必要があるのですが、これを使えば、この切り抜き作業がとても簡単にできるわけです。

規格に合ったサイズにそろえる必要があります。これを使えば、撮ったものを大きくしたり、逆に小さくしたりすることが比較的容易なので、大きさの調整がとても簡単にできます。

ご存知の方も多いかと思いますが、証明写真というものは、厳密な規格をクリアする必要があります。様々な細かい規格をすべて満たしているものしか使えないわけです。

例えば、一番重要な顔の部分がどちらかに傾いていてはいけませんし、中心からずれていてもいけません。本人であることの判断が難しくなるからです。

したがって、体が傾いて見えていては、規格に沿っていない問題のあるものと見なされて許可されないことも十分に考えられます。そのようなものは申請時に却下されてしまう恐れがあります。

規格が厳密であると言うことは、撮ったものを用意するときに、気を付けることがたくさんあると言うことです。しかし、すべての規格を満たしているかを気にしながら撮影するのは骨の折れるものです。

これを使えば、自分が撮影したものが規格に合っていないというようなときも、様々な操作によって規格に沿ったものに修整することができます。

具体的に言えば、回転という操作をすれば、体の傾きを修正することができるので安心です。様々な操作によって、普通に撮っただけのものを規格に沿ったものに修整することが簡単であるわけです。

さらに素晴らしい点は、このような操作は、このアプリの機能で撮影したものだけではなく、標準のカメラで撮影したものでもできる点です。

規格に合ったものが必要だからと言って、このアプリで撮る必要がないということです。すでに撮りためておいたものの中から作成できるのはありがたいことだと言えるでしょう。
AppStoreからダウンロード

「パスポートサイズフォトメーカー」

これを使えば、規格に沿ったものは簡単に作成できます。手順は次のようになります。まず、自分のギャラリーを選択して使いたいと思うものを選択します。

次に、サイズを選択します。当然、規格に沿ったサイズを選びます。選択画面にVISA用もあるので、気を付けましょう。そして、体の傾きなどを修正するために、回転の操作を加えるなどしましょう。

さらには、ズームインやズームアウトなどを適切に施して、規格に沿った写真にふさわしいように手を加えます。

そうして規格に沿うようになったら、写真を切り取ります。そのあとは、コントラストや彩度などを微調整し、最終的に仕上げていきます。

ちなみに、縁を作ることもできます。もちろん、規格に沿った写真を考えているわけですから縁は原則的にはなしが良いでしょう。最後に、印刷マークを選択して用紙サイズを選んでプリントアウトすれば終わりです。

このサイズフォトメーカーを使う最大の利点は、何度も取り直しがきくという点です。この特徴は、最大の魅力でしょう。さらに具体的に言えば、赤ん坊や小さな子供の写真を作る必要があるときに重宝します。

赤ん坊や小さな子どもはじっとしていることが難しいので、何度もやり直しのきかない写真撮影の場所では、非常に親としては疲れてしまいやすいでしょう。子供もつらい思いをするかもしれません。

そうした難しい問題を、このサイズフォトメーカーはきれいに解決してくれます。赤ん坊や小さな子供の機嫌が良いときを狙って撮影することができるからです。

撮影していてぐずってしまったならば、また機嫌が良くなった時に撮影すればよいだけです。何度でもやり直せるのは、親の立場からすると大変ありがたいことだと思います。
Get it on Google Play

証明写真メーカー

これは非常にシンプルなつくりである点が特徴の一つなので、難しい操作がなく安心して使えます。上で挙げたほかのものと同様に、スマートフォンの中にある写真を選択します。

それを切り取って画像を調整するだけです。この3つのステップを踏むだけで、簡単にパスポート用写真が作成できます。

この写真メーカーでは、L寸サイズのみで印刷することになります。このメーカーを使えば、細かい部分の修正も容易にできます。

具体的には、頭のてっぺんからあごまで34±2mmで、頭の上部の余白は4±2mmとなっています。こうした厳しい規格を満たすために、写真を撮ろうと意識するのは至難の業です。

このメーカーを使えば、規格に沿っていない写真であっても、簡単に画像修正ができるので、規格に合う写真に生まれ変わらせることができるわけです。

そういう意味では、厳密な基準に沿った写真を作るときに感じるストレスが圧倒的に少なくて済むことになります。

規格にかなった写真が作れた後は、コンビニで安く印刷しましょう。例えば、セブンイレブンのマルチコピー機を使えば大変簡単に写真をプリントアウトできます。

まず、証明写真メーカーで基準を満たしているものを用意します。続いて、「netprint写真簡単プリント」をダウンロードして、写真を選択・登録します。

そして、写真を登録したときに発行されている暗証番号をしっかり控えておいて、近くのセブンイレブンで印刷するだけです。L版プリントで一枚たったの30円です。

手間がほとんどかからず、修正がとても簡単なうえに、料金もかなり安くおさえられるということです。このメーカーの便利さがお分かりいただけたと思います。

AppStoreからダウンロードGet it on Google Play

「証明写真アプリ」

これはAndroid専用です。これの評価はとてもよく、非常にシンプルなつくりが人気の理由になっているようです。スマートフォンカメラの性能がよければ、ほとんど画質の調整はいらないでしょう。

上で紹介したものと同様にnetprint写真かんたんプリントを使えば、たったの30円で作ることができます。画質の補正をしたいと思った時でも、簡単にできます。

それに、仕上がりがきれいにできるのも嬉しい点です。スマートフォンで撮影した写真を取り込みます。そして、規格である縦45×横35mmの大きさに合うようにサイズを調整していきます。

ここで、他のものより優れている点があります。ほかの多くの場合では、Lサイズに印刷しようとすると、同じ画像が4枚出てくることになってしまうことがあります。

しかし、このアプリを使えば、4枚別々に画像にできます。この点は、様々な種類のパターンの写真を用意するのにうってつけと言えるでしょう。
Get it on Google Play

まとめ

厳密な基準にかなう写真を作成するときにおすすめの4つご紹介しましたが、いかがでしたか?上で紹介したものを使えば、何度でもやり直しがきくので、ストレスを感じることなく写真を用意できることがお分かりいただけたと思います。使える道具を賢く使って必要な写真を用意したいという方にぜひ上記を参考にしていただければと思います。