ビットフライヤー アプリ リップルの将来性 コインチェックアプリ おすすめの仮想通貨!口座開設までの流れをご紹介

仮想通貨は、聞いたことがあっても、どうやって始めるの?どうすればいいの?いまさら聞けない口座開設までの流れを紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

仮想通貨に必要なアプリ

スマホアプリの、

ビットフライヤー


AppStoreからダウンロードGoogle Play で手に入れよう

コインチェック

AppStoreからダウンロードGoogle Play で手に入れよう

ビットフライヤーとコインチェックの二つのアプリの共通していい所は、チャートがとても見やすく、送金が簡単という所です。

口座開設に必要なのは?

口座開設では、証明写真、免許書の写真を送り本人確認、口座情報を入れ数日後に届くハガキを受け取れば完了ととてもスムーズでした。

ビットフライヤーとコインチェックの違い

コインチェックは少し前にニュースになりましたが、現在では全く問題なく、以前と同じように使用できます。

ビットフライヤーと比較しても、コインチェックは使い勝手の良さが評判です。
QRコードを使った送金、仮想通貨を導入しているお店での支払いなどが直感的に利用でき、分かりやすいと評判で、多くの人に利用されています。

ビットフライヤーも少し前まで評判が悪かったですが、現在では問題なく使用できております。
bitFlyerのスマートフォンアプリの強みは、ビックカメラや丸井と連携して決済サービスを進めるなど、決済周りの充実にあります。

コインチェックにはない機能として、通話アプリなどで気軽に仮想通貨が送金できる機能も搭載してます。
その中で私が、取引していたコインになりますが、リップル、ネムになります。
特にリップルコインはおすすめです。

仮想通貨種類

仮想通貨には大きく二つあり、ビットコインとその他のアルトコインがあります。
アルトコインとは、ビットコイン(bitcoin)以外の仮想通貨の総称で、1つの仮想通貨のことを指しているわけではないです。

イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)などの仮想通貨はアルトコインの一種になります。
アルトコイン(altcoin)は、『alternative coin』の略称で、直訳すると『代替通貨』という意味で、仮想通貨の文脈では、『alteranative bitcoin』、つまり、ビットコインの代替通貨という意味で使います。

アルトコインは、ビットコインが抱える課題解決を目指し開発されたコイン、ビットコインでは実現困難なことを可能にするために開発されたコインなどです。

実際、CoinMarketCapで確認できるだけでも、1700種類以上のアルトコインが存在します。

リップルの将来性

そのおすすめのリップルをご紹介します。
XRPの優位性は「送金の速さ」です。わずか4秒で送金されることが圧倒的な強みです。

また、XRPはスケーラビリティも優れてます。よく送金づまりなんて問題が起きる事はありますが、リップルには問題ありません。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット


コインの選ぶ起点として、まず将来の事を考えて選ぶ必要があります。伸びていくコインなのか、それとも衰退していくコインなのか

リップルはその面でも十分伸びていくコインであると言えます。
Ripple(リップル)は言わば有能な送金システムです。XRPという通貨は使われてなんぼです。なので、リップル社は2009年頃から地道に多くの金融機関と提携交渉を続けてきます。

その結果が提携金融機関100社という実績を生んでます。
リップルの動きとしては、2017年の初めにはほぼ横ばいであって価格は、4月にSBIホールディングスがコンソーシアムを形成しリップルのRCクラウドを採用することを発表してから価格を4倍にまであげています。

さらに5月にはXRPのロックアップが発表されると価格は50倍以上になり、
その後はとくに目立ったイベントがなく価格が下がり続けましたが、12月にリップル社が銀行送金においてXRPを使用することを明言すると価格が大きくあがりました。

結局年始には1円ほどであった価格は年末には300円近くまで迫っていました。

ここまでがリップルの紹介ではありますが、現在仮想通貨は大きな動きを見せています。

当時は仮想通貨バブルと言われたくらいに右肩のぼりでした。
あたし自身も、投資8万から20万ほどプラスになりました。

しかし現在は、仮想通貨の大暴落が起き、それ以降横ばいになっております。
今から始める方にとっては、少し様子を見ておく必要があるかもしれません。
長期の目で見る部分では、今から始めるのも悪くありませんが、短期で稼ぐ目的の方では様子を見ましょう。

今からはじめるのは ” 遅い “ です。
2017年度 はいわゆる仮想通貨元年と言われていました。

理由として、残念ですが 2017年度 と同じ熱狂はもうこないと思うからです。
日本国内だけでなく世界中で仮想通貨が見直しされていた時期ですね。

2017年度 はインターネットが登場した時と同じような盛り上がりを見せつけました。

ブロックチェーンで一気に世界が塗り変わるような雰囲気ですね。
まだ、ブロックチェーンが潜在的に抱えているリスクなどがわかっていなかったので楽観的に投資してみようという人が多かったです。

そのため、当時の価値に見合わない価格がビットコインについてしまいました。

2016年 よりも以前から仮想通貨に詳しかった古参の人たちが冷静に眺めていました。

冷静な人たちはブロックチェーンは社会実験のプロジェクトでしかないことをしっかり分かっていた人たちです。

コインによって、これから伸びるコイン、衰退するコインは大きくあるので、適当にコインを買うと失敗してしまいます。
そのコインの信頼度、これから先の指針、伸び率過去など色々調べるとコインの特徴が分かってきます。
そんな中、英大手コンサルティング企業PricewaterhouseCoopers(PwC)が19年の仮想通貨相場見通しを発表しました。

仮想通貨は既に終わっていると主張するアナリストもいる一方で、19年には回復するといいます。CCNが報じました。

仮想通貨コンサルタントを務めるアンリ・アースレニアン氏は「18年は仮想通貨業界に多くの大企業が参入してきた。19年には、パートナー協定の締結や仮想通貨企業への投資などを通じ、さまざまな形で参入者が増えていくだろう」と予想しております。

現在の弱気相場については調整が入るだろうとし、19年に対する見方は概して楽観的だといいいます。
また「世界規模で大きな変革が起きている。

例えば、18年は世界中で仮想通貨に関する規制整備が進みました。だが19年はさらにこの動きが加速するだろう。機関投資家などにとってはいい流れだ」と主張しています。

同氏のこの発言は、香港に拠点を置く世界最大級の仮想通貨交換業者Binanceのジャオ・チャンポンCEO(最高経営責任者)の発言を受けたものとみられるます。

チャンポンCEOは「18年は仮想通貨価格の観点から見れば厳しい年だった。不発に終わったプロジェクトも多く、調整の年だったと言えます。だが、テクノロジーは健在です。

まとめ

19年は華々しくスタートしたい。仮想通貨業界の人は明るい未来がやって来るとまだ自信を持っていると思う。だから心配ない」と、Bloombergの取材に対し強気な見方を示しています。

このような見方をしている方たちもおり、実際に2019年はどのように仮想通貨が動いていくのか誰も検討が出来ない状態になっております。

私自身は、社会経験のきっかけを初めとしたので、沢山の知識を入れる事ができとてもプラスになったと感じます。