長生き味噌汁・赤味噌白味噌・長生き味噌汁レシピ・長生き味噌汁効能・子供でも出来る長生きみそ玉作り



久々にお友達と会ってランチしたときに出た話題が長生き味噌汁やダイエット味噌汁の話でした。私も知っていて材料まで添え終えたのに玉ねぎをすりおろすのが面倒というか、すりおろすが嫌で延び延びになっていました。

ですが、健康に良いプラスダイエット効果もあるというので、これだったら自分もダイエット出来るのではないかと作ってみることにしました。

自分一人ではまたまた作れそうもなかったので3歳と5歳の孫ちゃんたちにも手伝ってもらうことにしました。玉ねぎのすりおろしは、子供たちに出来ないと思っていましたが、やりたいやりたいと好評で、私の苦手なすりおろしは、ほとんど孫ちゃんたちがやってくれて大助かり、改めて、長生き味噌汁、ダイエット味噌汁とは?材用の効果・効能作り方を紹介したいと思います。

長生き味噌汁とは、

★【「金スマ」】(TBS系)
★【「世界一受けたい授業」】(日本テレビ系)
【「ごごナマ」】(NHK)
著者出演で大反響!

「長生きみそ汁」は、がんや糖尿病、動脈硬化など健康長寿をさまたげる病気や不調を遠ざける健康成分がふんだんに入った最強のみそ汁です。「長生きみそ汁」は野菜を追加していけばいくほど効果がどんどん倍増していきます

日本に昔からある発酵食を継続的に摂ることで、自律神経のバランスが改善し、腸内環境が整い、血液がサラサラになり、生活習慣病が改善。慢性疲労も次第にとれ、さらに老化のスピードもゆるやかになる

毎日、みそ汁、納豆、ご飯では飽きてしまうもの。こちらの本は、バランスを考えつつ、飽きないようなレシピがたくさん紹介されています。ときには、日本の発酵食と同様の効能のある、ヨーグルトやチーズ、キムチなどの発酵食も加え、バリエーションも多く、アレンジしやすく毎日開きたい一冊です。

長生き味噌汁レシピ みそ玉の作り方

材料

赤味噌80g

白みそ80g

玉ねぎ150g

黒酢大さじ1(なぜかお友達から黒酢と伝わり、黒酢で作ってみました)ほんとはリンゴ酢

こちらが基本の材料と分量になりますが、玉ねぎが3個あったので三倍の量で作りました。三倍の量で画像の製氷皿3枚と少しの量が出来ました。

作り方

①たまねぎ3個をおろす

私の嫌いなおろす作業、3歳と5歳の子供たちでも出来ました。

ほとんど3歳と5歳の孫ちゃんに手伝ってもらいました。目が痛いと涙を流しながらもがんばっておろしてくれました。

このとき、このおろし器は、目の荒いものが使いやすいようです。我が家にはないので後日100均で探してみたいと思います。

おろしにくくなった玉ねぎは、お嫁さんがみじん切りにしてくれました。

②赤味噌240gと白みそ240gと黒酢大さじ3とおろしたたまねぎとみじん切りにした玉ねぎを混ぜて完成です。

製氷皿にもいろいろあって迷ったのですが、蓋つきのものをセリアで購入してみました。冷凍庫に重ねて入るので便利です。

こんなにたくさん出来ました。冷凍しても、かっちかちに固まらないでフォークなどで簡単にとることが出来ます。

お湯とわかめを入れて飲んでみました。ぐつぐつ煮込む人もいるようですが、私は、わかめだけを入れたのでお湯を入れただけにしましたが黒酢も玉ねぎも気にならずに良かったです。いろいろアレンジ出来そうです

アレンジ例

長生き味噌玉うどん

うどんと長生き味噌玉1個と昆布のお醤油で味付け

赤味噌

赤味噌・・・味噌とは、米麹、大豆、塩を混ぜて木桶などに入れて発酵・熟成させることで出来上がります。赤味噌と白みその違いは、味噌を作るときの工程の中で、大豆をゆでるのか、蒸すのかの違いによるものです。

赤味噌は、大豆に含まれるアミノ酸が糖分と反応することで茶褐色へと変色します。この反応のことを「メイラード反応」と呼び、パンやご飯の焦げ、ご飯の焦げ、最近では、みんな炊飯ジャーでご飯を炊くので、ご飯のおこげをみたことない人も多いのではないでしょうか?ガスでご飯を炊いてみてください。底の方のおこげが出来て、これがまたおいしいんですよ。玉ねぎなどを焼いたときにも茶色くなる現象と同じものとされています。

赤味噌は、大豆を長く浸水させ、蒸して作られます。蒸すことでも着色します。糖質やタンパク質が麹の酵素で糖やアミノ酸に分解されやすくするために、メイラード反応が起こります。

白みその比べて熟成期間の長い赤味噌は、熟成期間中に鮮度を落とさないように、あえて塩分濃度が高めです。同じ赤味噌でも、江戸赤味噌と呼ばれる種類は、短期間で熟成させるので塩分は控えめです。

白味噌

白みそ・・・赤味噌のような色にならないように、麹菌を選んだり、大豆を脱皮して煮るなど「メイラード反応」を抑える工夫がされています。大豆を煮ることで、褐色色素の元になる糖質やタンパク質が水に溶けてなくなるので、さらに「メイラード反応」を抑えることが出来ます。白みそは1~2週間と短い熟成期間で作られます。

 

【30日ポイント10倍】2種の味噌 無添加の赤味噌と白味噌 600g 熟成赤味噌300g 減塩白味噌300g 長生き味噌汁 お歳暮 ギフト プレゼント 贈り物 シルバーウィーク ポイント消化

価格:1,580円
(2019/9/30 19:29時点)
感想(30件)

赤味噌栄養と効能

赤味噌には、「メラノイジン」と「ペピチド」という成分が含まれています。どちらも抗酸化力が高く、代謝を上げる働きがあります。そのため、赤味噌を使った味噌汁を朝に飲むと体や脳にエンジンをかけてくれるような働きが期待されます。赤味噌に含まれるメラノイジンは、赤く見える成分です。赤の色の濃い赤味噌ほど抗酸化力が強く、高いアンチエイジング効果が期待できます。

アンチエイジング効果とは、「抗加齢」を意味する言葉です。私たちも他の動物たちも、実際の年齢に逆らうことは出来ません。そういった意味として「抗老化」となります。いつもまでも若々しくいたい、実際のとしよりも若く見られたい、健康で長生きしたいという思いは、老若男女問わずすべての人に共通しているのではないでしょうか?

白みそ栄養と効能

白みそには、赤味噌にはない「GABA」という成分が豊富に入っています。この「GABA」には、興奮やイライラを和らげ、リラックスする効果があると言われています。

ストレスは活性酸素を発生させ、肌や体を錆びつかせるため、実は、アンチエイジングの大敵です。赤味噌と一緒で白みそにもアンチエイジング効果が期待できるということです。

白みその効能を考えると、夜に飲んだ方がよさそうですね。心身をリラックスさせ、心地の良い睡眠が出来そうです。味噌汁を飲む習慣のない人、忙しくて味噌汁を作る時間がない方におすすめするのが、『Dr’sラフマ葉GABA』です。睡眠は時間も大切ですが質も大切になってきます。

睡眠時間をなかなか確保することが出来ない現代人に向けて、睡眠の質と眠りに入る「導入」に目を向けたサプリです。★

●ラフマ葉 ノンレム睡眠時間の割合を増加させ、睡眠の質を向上させます

●GABA(γ-アミノ酪酸) 血圧を下げる降圧作用と興奮状態や不安な状態になった精神を、リラックスさせ落ち着かせる作用があります 更に安定した睡眠へ

●クワンソウ 沖縄の方言では「ニーブイグサ(ねむり草)」とも呼ばれる伝統的なハーブ

●カミツレ 鎮静、消化促進、発汗作用などがあり、ヨーロッパでは古くから民間薬として親しまれてきたハーブ 日本ではカモミールとして知られています

通常の購入は、7200円+税ですが、定期購入にすると、お得に購入することが出来ます。購入はこちら

玉ねぎ栄養・効果

玉ねぎを切ると目がしみる、涙が出る、その要因の一つが硫化アリルです。

  • ニラ
  • ニンニク
  • 長ネギなどにも含まれています。

その一種であるアリシンが体内でビタミンB1と結合するとアリチアミンとなり、吸収を高めてくれます。水溶性のため、目がしみるからと長時間、水にさらしていると、せっかくの栄養素が水に溶けだしてしまいます。長時間水につけておくのは、控えましょう。玉ねぎ自体での栄養価はそれほど高くはないのですが、他の栄養素の吸収を助けてくれる成分を多く含んでいる野菜です。

 

玉ねぎの成分の中には、ケルセチンというのがあります。ケルセチンはポリフェノールの一種で赤ワイン、ブルーベリー、カカオなどに多く入っていると知っている人も多いと思います。

ケルセチンは、強い抗酸化作用を持っているので、柔軟性が良く丈夫な血管にしてくれます。血液の流れもサラサラにしてくれるので滞りやすくなった血流も良くなったりします。

このケルセチンという成分は、玉ねぎの皮に多いので、綺麗に洗ったら、2~3分煮だしてスープに使ってみてはどうでしょうか?脂肪を排出する効果がある成分が多いそうです。

血液サラサラになるということは、具体的にどんな人に良いのか調べてみました。

  • 高血圧の予防
  • 脳卒中・心筋梗塞の予防
  • 動脈硬化の予防

血液中の余分な糖や脂質を減らす働きがある

  • 糖尿病の予防
  • 中性脂肪値を下げる効果
  • ダイエット

硫化アリルはビタミンB1の吸収を促す

  • 疲労回復や食欲増進
  • 不眠の解消
  • イライラ

その他にも整腸効果のあるオリゴ糖食物繊維、余分な塩分を排出するのに役立つカリウムも含まれています。

他の野菜に比べてビタミンやミネラルが少なくとも、玉ねぎは健康に良い成分をたくさん持った野菜といえるのではないでしょうか?整腸効果があるのでたまねぎを沢山いれたスープを飲んで便秘の解消になった人もいるようです。

さらには、悪玉コレステロールを減らしてくれたり、脂肪の吸収を抑える働きもあります。長生き味噌汁の材料の中に玉ねぎが入っているのでダイエットにも良いんですね。玉ねぎ何キロもネットに入っているものが欲しくなりました。

リンゴ酢栄養・効果

美容効果

リンゴ酢には、「ビタミンC」と「クエン酸」が豊富に入っているので健康的なお肌を維持することが出来ます。

その中でも「クエン酸」は、お肌の新陳代謝を促して、ビタミンで新しく生まれ変わったお肌を作り上げて、シミやたるみを改善する美容効果もあります。

血糖値を安定させる効果

リンゴ酢に含まれる栄養素の一つにインスリン機能を向上させて、血糖値をコントロールさせることで糖尿病を抑え、治療を助ける働きもあります。

ダイエット効果

リンゴ酢のクエン酸は代謝を促し脂肪の燃焼を助けてくれる効果があり、アミノ酸は、脂肪を分解する働きがあります。

高血圧を防ぐ効果とむくみ解消

リンゴ酢に含まれる豊富なカリウムによって余分な塩分を体の外に排出し、血圧を下げる効果が期待できます。

高血圧が改善されることによってむくみも改善されるのでむくみに悩んでいる方にも効果的です。

疲労回復効果

疲れた時、スポーツをした後などはよく酢っぽいものを飲むと良いと言われています。すっぽい元となるのは、クエン酸のことです、スポーツドリンクにクエン酸が入っているのもそのせいなのですね

中でも、リンゴ酢には、クエン酸が豊富に含まれています。仕事や家事の疲れなど疲れは様々な症状を引き起こす原因となるお恐れがありますので、疲れたなと思ったらリンゴ酢を飲んでみるのも良いでしょう

骨粗鬆症予防効果

リンゴ酢に含まれるクエン酸にはカルシウムの吸収率をあげる効果もあります。カルシウムは、全部が吸収されるわけではありません。いろいろな作用や要因で失われたりすることが多いのがカルシウムです。リンゴ酢のクエン酸によって吸収率が上がれば、失われる量が少なくなり、効率的・効果的にカルシウムを摂取することができるではないでしょうか

便秘解消効果

リンゴ酢に含まれるペクチンという成分が腸内環境を整え、便秘を助けてくれる効果があります

利尿作用もあるので体内に溜まった老廃物を出すデトックス効果も期待できます。

ここまでが基本の長生き味噌汁の材料の栄養と効果をまとめてみました。我が家は、リンゴ酢ではなく黒酢を使ったので黒酢の栄養と効果も調べてみたいと思います。

ミツカン ビネグイット まろやかりんご酢ドリンク 6倍濃縮(1L)【イチオシ】

価格:772円
(2019/3/3 13:33時点)
感想(173件)

黒酢の栄養と効果

疲労回復効果

黒酢にはわたしたちの体に欠かせないアミノ酸が豊富に含まれています。黒酢のアミノ酸量は米酢の役4.5倍と言われています。私たちが疲れを感じるのは、乳酸という疲労物質が身体の中に溜まってしまうからなのだそうです。

画像はミツカングループ企業サイトより、転載https://www.mizkan.co.jp/company/newsrelease/2005news/050420-00.html

クエン酸や酢酸は、乳酸を分解する働きがあるため、体を動かしあと、仕事で疲れがたまっているときに摂ると疲労回復効果があります。

代謝促進効果

黒酢は長い時間をかけて熟成させることでアミノ酸の量が豊富です。クエン酸、アミノ酸、コハク酸、有機酸やビタミン、ミネラルも一般的な食酢に比べると多く含まれています。

これらの成分には、新陳代謝を促進させ、血流を良くしたり、血栓をできにくくする効用もあります。動脈硬化、高い血圧を下げるといった生活習慣病を防ぐ効果が期待できます。

富士玄米黒酢(500mL)【飯尾醸造 富士酢】

価格:1,326円
(2019/3/3 13:38時点)
感想(17件)

まとめ

面倒だなと思っていた長生き味噌玉作りでしたが、孫ちゃんたちにも手伝ってもらって意外と簡単にできました。基本の材料は、リンゴ酢を使いますが、黒酢や、もっといろんなお酢を使って作り置きしておけば、毎朝飲む味噌汁も飽きないし、また別の効果が増えたりして楽しいかもしれません。長生き味噌玉があればお肉などの味付けにも良さそうでいろいろアレンジ出来そうですね

関連記事

関連記事