おはぎ作り方 おはぎとぼたもちの違い

急におはぎが食べたくなって作り方を検索して作ってみました。おはぎとググったら、ぼたもちのことが出てきたので、おはぎとぼたもちの違いについても調べてみました。

おはぎとは

もちごめにうるち米を混ぜてたき、軽くついて丸め、ごま・あん・きなこなどでくるんだもの。

春は「ぼたもち」、秋は「おはぎ」

「おはぎ」ですが、春と秋とで呼び名が変わっていきます。と言っても、材料は、もち米とあんこを使用した食べ物である事に違いはありません。春は「ぼたもち」と呼び漢字で書くと「牡丹餅」、秋は「おはぎ」と呼び漢字で書くと「御萩」となります。この呼び名は、それぞれの季節のお花から来ているそうです。

「ぼたもち」と「おはぎ」の違い

「ぼたもち」と「おはぎ」とでは何がいったい何が違うのでしょうか?一番の違いは、「こしあん」か「つぶあん」なのか、春は「ぼたもち」、秋は、「おはぎ」と言います。

大きさにも違いがあって、春は、牡丹の花のように大きく丸く、秋は、萩の花のように小さく上品に俵型だそうです。

あんこがなぜ違うのかというと、あんこに使われる小豆の収穫期が関係しています。小豆の種まきは、春4月~6月、収穫は、秋で9月~11月ごろです。秋のお彼岸のころは、収穫したばかりで、小豆が収穫したてで柔らかく食べられるので、粒あんとして、「おはぎ」を作ります。

春まで保存した小豆は、皮が固くなってしまうために、皮を取り除き、こしあんとして使い、「ぼたもち」を作ります。

ぼたもちという言葉は知ってましたが、お彼岸の時にお供えするものは、「おはぎ」だと思っていました。

彼岸の7日間のうち、初日を「彼岸入り」、真ん中の日を彼岸の中日(ちゅうにち)、最終日を「彼岸明け」といいます。

春彼岸(2019年・平成31年)

3月18日 彼岸入り
3月21日 彼岸の中日(春分の日)
3月24日 彼岸明け

秋彼岸(2019年・平成31年)

9月20日 彼岸入り
9月23日 彼岸の中日(秋分の日)
9月26日 彼岸明け

おはぎの作り方

材料

もち米1合

うるち米2合(普段食べているお米)

塩こさじ1

あずき(私は、実家の母が小豆から作ったものをもらったので手作りの小豆を使いました。粒あんです)

自分であんこにするのは面倒だという人のために探してみました。すぐに使えるあんこ

1000円ポッキリ 送料無料 健康長寿 あんこパワー スイーツ 選べる 送料無料 無添加 あんこ2種類 つぶあん こしあん 白あん みたらしのタレ無添加 おはぎ デザート あんこ ギフト 贈り物 お墓参り スイーツ 選べる 人気 1000円 あんこ お汁粉 ラッキーシール対応

きなこ(体に良さそうだったので、黒ゴマアーモンドきなこを使ってみました)

砂糖・・・お好みで・・・きなこが甘くなればOKです。


作り方

①もち米1合とうるち米2合をといで塩こさじ1を入れて炊飯器で炊く

②炊きあがったら麺棒などで軽くつぶします

③②を丸めて、あんこやきなこで包んだら出来上がりです。

全部で3合分なので思った以上に沢山出来ました。

あんこで包むときは、中のご飯が大きいとすごく大きなおはぎになってしまうので、小さめにした方が良いと思います。包むあんこ結構使います。

まとめ

スーパーなどで売っているお彼岸にお供えする「おはぎ」は、実は、「ぼたもち」だったんですねぇ

春だから小豆の皮が固くなっているので皮は、取り除いてこしたものでほんとは包むのですね

昔と違って今は、もう茹でて味付けもされたあんこが売っているので自分で作るときは、お好みで、こしあん、粒あんを選んで作ると良いですね

私は、粒あんが好きなので、実家の母には、粒あんでおしるこなど作ってもらっています。

意外と簡単におはぎが作れたので今度は、砂糖は使わず、麹の甘さで小豆のあんを作って発酵おはぎを作ってみたいと思います。