ヨガマットと一緒に揃えたいグッズ・ヨガホイール・ヨガポール・ヨガブロック・猫背改善・腰痛改善

私がヨガを始めたきっかけは、ドックヨガでした。愛犬と一緒にヨガ出来るので続けられそうです。それから、体のあちこちが痛くなってきてさすがに、本気でダイエットもしたいと思ったからです。ヨガを始めてみたいけど、教室やスタジオに一人で行くのはちょっとという人におすすめのグッズを紹介したいと思います。

ヨガマットの次に準備したいもの

ヨガホイール

使い方は、無限にあるといっても良いヨガホイール

普段あまり運動をしない人、猫背が気になる方、後屈が苦手な方は、ストレッチをするとき、体の下にホイールを置いて柔軟性を高めたり、体幹を鍛えたりすることが出来ます。ヨガのポーズのサポートだけではなく、負荷をかける目的でも利用できるので初心者から上級者まで使うことが出来るアイテムです。慣れている人は、ヨガホールの上でポージングをとってインナーマッスルを鍛えることも出来ます。

 

ヨガポール

リセットポール・エクササイズポール・ピラティスポールなど呼び名は様々のようです。長さ約1m・直径約15㎝の円柱状のものがスタンダードで、その外にも長さ40㎝程度の短いもの、半月型のものなどがあります。 形状によって使い方が違ってきます。

日常の積み重なる動作のくせでできた体の歪みを改善するためのエクササイズで1日5分でもポールに寝転がってゴロゴロするだけで体の歪みの矯正、体幹を鍛えるトレーニングになります。肩や腰、背中のコリに悩んでいる人にも最適です。リラックス効果も期待できます。

ヨガポール ハーフカットタイプ 

ストレッチやリハビリに、安定した構造なのでお年寄りでも簡単に使えます

適度な高さがあるので小柄な方でも安心

半円状の形状を利用して安定性と2個組を利用してバランスボールやヨガブロックのような使い方も出来ます

ハーフカットのヨガポールに乗って前後に傾いてバランスボール運動

ヨガブロックのような体幹トレーニングも

そういいえば私も同じような形のものをもってますこれは、あおたけ枕と言って、カイロハウス Pixy 【ピクシー】の二川目さんから購入しました。ほとんど枕として使っています。この枕が快適すぎてこの枕がないともう眠れません。

実は、この「あおたけ(運動枕)」は、運動用具なんです。使い方次第で、「背骨全体の「ゆがみ」を緩和させたり、

  1. 畳の上に身体を上向(仰向け)にして手足を伸ばして寝ます
  2. 「あおたけ(運動枕)」をお尻の下に入れます。お尻の一番出っ張った辺りが当る位置が良いでしょう
  3. 両膝を60~90度位の角度に曲げます
  4. この状態で、膝を左右に倒したりします
  5. 膝を左右に倒しながら、身体を下方向に少しずつずらして行きます。枕の位置が、お尻→腰→背中→首へと移動します。
  6. 背骨全体を「あおたけ(運動枕)」が矯正してくれます。枕が首に収まったら終わりです。
  7. ここまでの運動を1日1~3回(朝・昼・夜)繰り返します。

背骨の「ゆがみ」が緩和されると同時に、身体が軽くなった感じがします。でも、慣れないと、とっても痛いです。いた気持ち良いという表現が正しいかもしれません

期待できる効果は、
・背骨の「ゆがみ」緩和
・姿勢の調整
・腰痛の緩和
・背中痛の緩和

結構、メルカリで出店している人もいますよ

人気があって結構売れてます。

振動フォームローラー ぶるぶるロール 電動 ヨガポール 

大小さまざまな凹凸があるのでお好みや用途に合わせて使うことが出来ます

例えば、ぶるぶるローラーの上に寝転がれば、背中や腰のマッサージになり、腰痛などの改善に

テレビを見ながら本を読みながら、気になるところにあてるだけ

筋トレやストレッチに使うことでダイエットやトレーニングの効果も

楽天で振動フォームローラー 検索してみる
Amazonで振動フォームローラー 検索してみる

ヨガブロック

ヨガブロックは、ヨガのポーズをとる際に、身体の柔軟性を補助し、骨格を補正するプロップ(補助具)です。無理をせずにより集中できるポーズをサポート します。

幅8cmのスリムなブロックはポーズの微調整にも適しています。同じタイプを2つ揃えておくと、よりポージングの幅を広げてくれるので便利です。また80グラムと軽量なので、ヨガスタジオや教室で使うときは、バッグにいれて持ち運びすることも苦にならないブロックです。

YOGA Studio&School ヨガ指導者を目指したい方へ

ホットヨガ体験コース

柔軟性が格段に上がる暖かいスタジオの中で、20種類以上のヨガポーズを取ります。
劇的な発汗によって、カラダの余分なものを外へ流し出し、ダイエットはもちろんのこと、むくみ解消・冷え症改善・美肌・ストレス解消などあらゆる効果が期待

運動が苦手でも大丈夫!高温多湿の環境で汗をかきやすく、身体も動かしやすくなるのでヨガなどのポーズも取りやすくなります。デトックス効果でダイエット効果、リラックス効果が高まります

常温スタジオのため自身のカラダと向き合い、本質的な体質改善が可能!スクールを運営しているYMCだからこそ、ヨガフェスタなど国内外のイベントでも大人気の講師陣がレッスンを担当!常温ヨガだからお出かけ前や空き時間などを有効活用できます!

まとめ

ドックヨガがきっかけでヨガに興味をもったら、自宅で一人でも出来そうなグッズが沢山出てきて、さっそく購入してみました。先にヨガホイールを購入したのですが、初心者には、ヨガポールの方が最初は安全かもしれません。ヨガホイールを体の中心に置いて体をのせるのですが、ちょっとバランスが崩れやすくてホイールが倒れてケガしそうだな怖いなと感じたことがあったので、最初は、ポールの方をお勧めします。

ヨガ初心者どんなウェアがいいの?失敗しないウェア選び・ルームウェアとしても使えるアイテム

初心者ヨガマット・大きさ・厚さ・重さ・ヨガマット素材