イーサリアム 今後 デイトレ銘柄  ビットコインキャッシュ  ライトコイン リップルの将来性 おすすめの仮想通貨5選

仮想通貨は、当日中に売買を完結させるデイトレードにも向いています。従来の金融商品にはない自由な環境と高いボラティリティーを活かすには、デイトレがうってつけです。大きな変動があるリスクをきちんと管理できるので、大切な資金を堅実に運用できます。

■代表的な仮想通貨であるビットコイン

仮想通貨の代名詞にもなっているのが、ビットコインです。日常生活の支払いとしても浸透しており、国によっては普通にスマートフォン等の端末で簡単に支払いを済ませることが可能になっています。

ブロックチェーンという全体によって取引を証明するシステムが高く評価され、政府があまり信用されていない国では主要な通貨になりつつあるのが現状です。

資産価値としてのボラティリティーは極めて高く、近年では短期間での値上がりによって宝くじの上位に当たったのと同等の利益を得た方が大勢います。

デイトレとしてよく選ばれていることから、豊富な投資情報による適切なトレード判断や、どの取引所でも扱っているメリットを活かしたアービトラージによる鞘取りを行えます。

デイトレで気になる手数料についても、ビットコインなら最も安い取引所を選ぶことで解決します。国内にあるセキュリティが万全で信頼できる取引所でトレードできるため、初めて仮想通貨にチャレンジする方でも安心です。

デイトレではダイナミックな値動きを存分に活かせるので、仕事から帰ってきてから寝る間での数時間だけでも儲けられます。

ビットコインは、日本国内の大手企業でも決済の手段として認めています。世界中で使用されている実績と流動性のおかげで、仮想通貨でありながらも従来の法定通貨に勝るとも劣らない状態です。

いざとなれば海外の銀行ATMで現地の通貨に変えられる信頼性は、他の仮想通貨にないメリットと言えます。

■人気があるビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは、ビットコインから分派することで誕生しました。ビットコインは急激な広がりによって処理能力が追い付かなくなる問題が出た時期があり、その解決策としてブロックチェーンのブロックを大きくしたのがビットコインキャッシュです。

ビットコインの仕組みを変えることは、既得権益を持っている有力なグループが反対したのと、過去の取引の信頼性を損なう理由で却下されました。別の仮想通貨としてビットコインキャッシュを作ることで、ようやく決着した次第です。

元は同じとはいえ、現状ではビットコインキャッシュは独自の路線を歩んでいます。そのため、ビットコインキャッシュの方がよく動くものの、ビットコインで解決した問題がまだ内包されている等の相違点もあるのが特徴です。

名称に惑わされてビットコインと同様に考えると、デイトレの判断を間違ってしまう恐れがあるので気をつけましょう。

気になるビットコインキャッシュは、ビットコインと合わせて扱っている取引所が多いです。出自が同じことから基本的にセット扱いになっていますが、立場と将来性は全く違うことを頭に入れておきましょう。

資産として長期保有するにはビットコインよりリスクが高いものの、デイトレで短期間の売買をするのなら問題はありません。

大手から別れた経緯から、当初から多くのユーザーと発行量を誇っています。単純にデイトレをするには、ビットコインキャッシュも視野に入れた方がトレードチャンスを増やせるので有利です。

■黎明期から運営されているライトコイン

ライトコインは、ビットコインと似たポジションの仮想通貨です。仮想通貨の中ではかなりの古株で、まだ普及するのか不明である新興の銘柄に比べて信用されています。

基本的な構造はビットコインと同じで、一般の決済用としてスピードが速いことが主なメリットです。たとえば、ビットコインで約10分かかる決済に比べて、ライトコインはその名前の通りに約3分で完了します。

発行量はビットコインよりも多く、時価総額のランキングでよく見られます。新技術の導入を積極的に行っており、大手ならではの信頼性と極端な値動きになりにくい安心感で世界的に認められている仮想通貨です。

一方で、新技術による画期的な仮想通貨に比べてメリットが薄くなっており、今後の運営方針によっては立場が下がっていく可能性があります。

仮想通貨として長く運営している実績は伊達ではなく、近年の乱高下でも本来の時価に戻しています。一時的に値下がりした局面で拾っておきたいのがライトコインで、デイトレの監視銘柄としておすすめです。普段からチャートやレートを見ておけば、チャンスが訪れた時にもしっかり利益を得られます。

日本ではビットコインに比べて知名度が低く、法定通貨の代わりに決済で使用できる場面がまだ少ないのが現状です。ライトコインが独自のメリットを提示できるのかどうかで将来的な価値が変わってくるので、デイトレであっても仮想通貨としてどうであるのかを常に把握しておく必要があります。

リップルの将来性

リップルは、米国に本社がある会社によって運営されています。他の仮想通貨とは異なり、銀行などの金融機関同士の取引をスピーディーにするのが狙いです。

実際に日本のメガバンクやネットバンクが多く参加しており、近い将来にリップルの迅速で確実な送金によって金融業界に画期的な変革が訪れる可能性が高くなっています。

個人の電子決済の意味合いが強いビットコインに対して、リップルは法人の電子決済用として整えられたプラットフォームです。

時間と費用がかかる国際送金が便利になるとあって、世界的に上位である企業や銀行が注目しています。法人の取引は安定した需要があるので、リップルに対する投資家の期待も膨らんでいるのがチャート上の値上がりで分かります。

厳密には、リップルがプラットフォームで、その中で独自の仮想通貨であるXRPによって決済を行います。しかし、仮想通貨としてはリップルという名称で定着しており、取引所でもXRPではなくリップルで表示されているのです。

どちらにせよ、個人の投資家がプラットフォームを利用することはないので、分かりやすくリップルで統一しています。

金融機関同士の決済をする場を提供しているのは、リップルの大きな強みです。特に銀行は本当に信頼できるシステムしか採用しないので、国内のメガバンクが認めているだけで圧倒的な信用があります。

長期的な投資でも押さえておきたい銘柄ですが、もちろんデイトレでも値動きによる利益を狙えます。

イーサリアム今後

ビットコインに次ぐポジションになった新進気鋭の仮想通貨が、イーサリアムです。ブロックチェーンを利用したスマートコントラクト、例えばネット通販で物品と代金をやり取りする場合にどちらにとっても確実に取引できる環境を提供しています。

インターネットによる取引が増加した現代社会においては、オークションによる個人同士の売買から企業間取引に至るまで様々な活躍が期待できるプラットフォームです。

スマートコントラクトはビットコインのように法定通貨と衝突するリスクが低いことから、大企業がどんどん参入しています。

定期的なアップデートによるセキュリティの向上や信頼性のチェックによって、イーサリアムは新時代の仮想通貨として頂点に君臨しつつある状況です。デイトレでは最新ニュースをチェックしておき、上手く値動きの波に乗ることがポイントになります。

現代社会で確実に応答するシステムを構築すると、高額の費用がかかります。サーバーの性能を高めるだけでも大きなコストになるので、既存の情報システムの維持費をカットできるスマートコントラクトに公共機関すら注目しているのです。

今後の需要は高まる一方だから、他の仮想通貨につられて割安になったところを買ってみるなどの安定したデイトレを行えます。

イーサリアムの根拠は、世界的に安心して使える法人向けの決済システムです。したがって、その前提が覆される事態になったら、一気に値下がりすることもあり得ます。国から規制されにくい事業戦略ですが、しっかり情報収集を行っておくのが賢明です。

まとめ

仮想通貨は日常生活でよく使われており、デイトレとしても色々なトレードが可能なフィールドです。需要が大きい仮想通貨を選ぶことで、テクニカル分析といった自分なりの考えに基づいて投資運用を行えます。

取引所に口座開設をして、さっそくおすすめの仮想通貨のチャートをチェックしてみましょう。