花粉症症状 花粉症の原因と対策食べ物ランキングと腸内環境を整えるサプリとマルチビタミン

昨日までなんともなかったのに、ある日突然、水のような鼻水が止まらなくなって、風邪?ひいたと思ったことはありませんか?何が原因で起きてしまったのかアレルギーの原因や花粉症について、花粉症に良い食べ物・飲み物の紹介をしたいと思います。

花粉症の原因

日本人の約25パーセントが花粉症だといわれています。花粉症とは、スギやヒノキなど植物の花粉が原因で、辛いくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどのアレルギー症状を起こす病気です。

季節性のアレルギー性鼻炎と呼ばれたりもしています。アレルギー性鼻炎の原因物質の種類は、2つに分類されます。

季節性アレルギー性鼻炎(=花粉症)

アレルゲンの原因となる花粉の飛ぶ季節にだけ症状がでます。

日本では約60種類の植物が花粉症をひきおこすといわれています。代表的なアレルゲン

スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカンバなど。

どんな症状?
鼻の症状・・・くしゃみ、鼻水、鼻づまり

目の症状・・・目がかゆい、涙が出る、充血して目が痛い

その他・・・のどのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状が現れることがあります。
(さらに、シラカンバ、ハンノキ、イネ科花粉症などの人が、ある果物や野菜を食べると、口の中がかゆくなり、腫れたりする「口腔アレルギー症候群」という症状もあります。)

通年性アレルギー性鼻炎

アレルゲンが家の中だったりするので一年中症状が出ます

アレルゲンの原因は、ダニ・家の中のほこり(ハウスダスト)・ゴキブリなどの昆虫、ペットの毛・フケなど

どんな症状?

鼻水・くしゃみ・喘息・アトピー性皮膚炎などを合併することがあります

花粉症の症状はなぜ起こる?

花粉が私たちの体の中に入ってくると花粉に対する抗体という物質がつくられます。この抗体は、肥満細胞と結びつき、体内に残り、次に花粉が身体の中に入ってきたときに、花粉をキャッチします。

そしてこの花粉を体の中から出そうと「ヒスタミン」という、物質が分泌され、このヒスタミンによってくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、皮膚のかゆみといった症状が引き起こされます。くしゃみ、鼻水などは、体にとって不要なものを排出しようとする正常な反応といえます。

花粉のもととなるスギが伐採されずに放置されたり、大気汚染物質により、花粉が小さくなり、体内に入りやすくなっていることなどの理由からも過剰に反応を起こし、花粉症になりやすくなっているともいわれています。

まずは、腸内環境を整えること

免疫機能を高めるには・・・腸内の環境を整える。腸は免疫機能と密接に関係しています。乳酸菌や、便秘の予防に食物繊維の多い食品をしっかりとることが必要です。

乳酸菌・・・ヨーグルト、ナチュラルチーズ
発酵食品では、キムチぬか漬け、みそ、麹、納豆

 

ベルタこうじ生酵素サプリ

生きた酵素を1粒に凝縮

・7種の雑穀30種こうじ菌

・622種の野菜・フルーツ ・500億個の乳酸菌 ・コンブチャ ・スーパーフード

加齢とともに体内の酵素量はどんどん減少します。ベルタこうじ生酵素サプリで腸内環境を整え、花粉症予防しましょう♪ダイエットにもつながります。

定期便申し込みで初回送料無料の500円でお試しできます。1回購入して解約することも出来るそうなので安心です。


ストレス対策に!ビタミンAビタミンCビタミンE

花粉症の発生が増えている原因の一つとして考えられているのがストレスです。ストレスによる免疫機能の低下。また、ストレスにより、活性酸素という物質が作られます。この活性酸素がかゆみなどを増す原因ともいわれています。この活性酸素の発生をおさえる働きがあるとされているのがビタミンA・ビタミンC・ビタミンEの3つのビタミン
ビタミンA・・・鶏・豚レバー、うなぎ、乳製品(牛乳、バター、チーズなど)、卵
ビタミンC・・・赤ピーマン、黄ピーマン、芽キャベツ 、レモン、ピーマン、ゴーヤ、柿、キウイフルーツ、ブロッコリー、キャベツ、いちご

★食品からビタミン類を摂るのが難しい方にマルチビタミンサプリ

3種類のビタミンと50種類のミネラルを含み、 美容成分、乳酸菌と配合されているマルチサプリメント

マルチビタミンサプリといえば、海外のものも多く大きさや飲みにくいものが多いのですが、女性が飲みやすい大きさになっているところが嬉しい




栄養機能食品(ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・β-カロテン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・葉酸)
マルチビタミン 徳用90日分

栄養機能食品(ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・ビタミンB1・ビタミンB12・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンK・鉄・亜鉛・銅)
パーフェクト サプリ マルチビタミン&ミネラル 30日分

栄養機能食品(ビオチン・ビタミンB1・ビタミンB6・ビタミンE)

サプリdeグミ マルチビタミン グレープフルーツ味 7日分

★ポリフェノールを含む食べ物

ヨーグルトや発酵食品に含まれる「乳酸菌」の腸内免疫調整効果は広く知られていますが、もうひとつ注目したい成分が「ポリフェノール」です。

ポリフェノールは、植物が光合成を行うときにできる色素や苦味の成分で、ほとんどの植物に含まれている。カテキン、イソフラボンなど、その種類は5000種以上にも及び、人間の体の中に入ると、抗酸化物質として有効に働くことが明らかになっている。

そしてある種のポリフェノールには、鼻水や目の痒みなどの原因となる、ヒスタミンの生成を抑える効果があることが分かっている。

トマトの果皮に多く含まれるポリフェノール“ナリンゲニンカルコン”

ただし、このポリフェノールは、一般に食べられているトマトにはほとんど含まれず、ケチャップやジュースなど加工用の品種に多い成分だそうです。

チョコレートに豊富に含まれるカカオポリフェノールが、抗アレルギー効果

アレルギーに関わるリンパ球の働きも抑える

●アレルゲンに対して抗体が作られるのを防ぐ・・・この抗体は、肥満細胞と結びつき、体内に残り、次に花粉が身体の中に入ってきたときに、花粉をキャッチします。そしてこの花粉を体の中から出そうと「ヒスタミン」という、物質が分泌され、このヒスタミンによってくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、皮膚のかゆみといった症状が引き起こされます

●肥満細胞からヒスタミンが放出されるのを防ぎ、アレルギーの発症を防ぐ
●好酸球の脱顆粒を防ぎ、アレルギーの悪化を防ぐ
●アレルギーに関連するリンパ球が増殖・作用するのを防ぐ

まとめ

花粉症にこれを食べたら良いというものは、これといってありませんが、予防や対策することが出来ますので、まずは、毎日の健康管理をしっかりしましょう。

毎日カカオポリフェノール含有量の多いチョコレートを食べている家族ですが今年は花粉症の症状がまだ出ていないといっていますので、ちょっと苦くて慣れるまで沢山食べられそうにないチョコレートですが、食べてみるのも良いかもしれません